中学入試成功のコツは繰り上げ合格もある併願の仕方

校舎中学入試成功のポイントの一つは併願の仕方です。速報を見て応募は多い状況でも実質倍率はそれど高くないという学校や試験日に注目すると、思わぬ繰り上げ合格も恩恵を得るということもあります。
東京都でも特に国立中学の入試日である2月3日は応募倍率が上がりません。2月1日は私立中学の第一志望にする出願者が多いので、狙い目は応募と実質の差が大きい2月2日と4日以降に試験日を設定している学校と午後入試です。この試験日の中学校の一覧や出願情報を見て第一志望校の複数の試験日を狙ったり、第二志望校を決定することがポイントです。多幸に合格して出願した試験日に受験しに来ない欠席者や合格しても入学しない歩留まりを考慮して合格者を定員よりも多く出すのです。この歩留まりの予測は、一般の学校案内や情報誌では語られることが極めて少ないのです。歩留まりとは、合格者に対する入学者の割合のことをいいます。言い換えると最終的な入学手続き率ということです。この歩留まりが入試難易度や繰り上げ合格などを規定する大きなポイントとなるのです。中学入試に限らず入試は特に私立学校からすればより良い生徒を確保するための手段です。学校にとっては最終的には合格者ではなく入学者が学校経営を形作ることとなります。御三家・早慶クラスのトップ校であっても出願者の全員が第一志望であるはずはありません。歩留まりの幅は学校のレベルと入試日の設定によって大きな幅があります。また同じ学校でも、入試日の設定によって差があります。2月1日以前に入試日が設定される千葉県・埼玉県の学校はお試し受験の出願者も大量にいます。