中学入試の願書を提出するまで

勉強今回は中学入試において願書を提出するまでの過程を説明したいと思います。
まずさ受験校を決めましょう。秋頃からは目標に絞った学習に入っていくのでそれまでに大まかに決めておくのが理想です。第一志望が決まらない場合は塾の先生に相談しましょう。プロですから、学力とその後の伸びしろを考えてアドバイスをして下さります。
そして、出願の準備に入ります。まず、受験校の願書を取り寄せます。取り寄せ方は主に2つあります。学校説明会へ参加するか、郵送で直接取り寄せるかです。6年間通うことになるかもしれないのでできる限り受験校全て一度説明会に参加することをおすすめします。説明会では出願ガイドなどを行ってくれるところもあるのでそういう面でも行くのがよいでしょう。
ここで注意しておきたいのは、少しでも受ける可能性があれば取り寄せておく、ということです。後で焦ってしまうことになります。
次にいよいよ記入を始めます。願書には必要事項(名前、住所など)を書く欄の他に、志望理由、特技、長所などを書く欄があります。必要事項を記入したらその他の部分はコピーをして下書きをしましょう。下書きを終えたら塾の先生に見てもらうのが良いでしょう。あまりに酷いことを書かない限り合否には関係しませんが一生に一回のことですので念には念を入れましょう。面接で参照されることもありますので書き終わったものもコピーをとっておきましょう。
書き終わったら書類をよく確認して所定の様式で送りましょう。これで完了です。