中学入試対策には分析力が必要

母親中学入試が必要な際には、多くの場合には受験塾に通うか家庭教師を雇われるかされるはずです。その際に、どうしても保護者の方々の知りたいのが、志望校における合格可能性をはじめとする情報です。

こうした情報は一朝一夕で整うものではありません。首都圏の場合に限定しても数多くの学校があり、偏差値によってグループ分けされています。また、こういった難易度は、中学校の評判や実績によって毎年変化します。例えば「○○学院は女子の倍率が上がり、△学園の偏差値が3だけアップした。」などというような表現でもってよく表されます。こういった偏差値や難易度の解析はどのようになされるのでしょうか。

これらの数値データは業者の実施する模試の問題を解いた児童たちの、実際の合格実績をもとにはじき出されます。この場合、倍率があまりに高くなると、この合格可能性などのデータの精度が変わることもあります。こうした分析は、ベテランの分析担当者たちが討議しながら、その経験を加味しつつ、コンピュータなどを用いて数値化しながらていねいに行います。

したがって、ご家庭で保護者の方々が個人レベルで予測することは甚だ困難ですし、もとよりそうした受験者のデータの入手などは不可能に近いです。したがって専門の業者の予測値を参考にします。業者間でも偏差値に高い低いがあるので、大まかな傾向を知ることはできます。その業者の出す分析でも判定がよいならば合格の可能性は高まります。その逆もあります。